オリンピック後選手村のマンション販売本格化

2020年に東京オリンピックとパラリンピックが開幕し、それに向けて現在選手村建設やその後の土地活用の一環としてマンション建設が進んでいます。場所は中央区の晴海エリアですが、開発にあたり2023年まで4,145戸の分譲と1,487戸の全23棟5,632戸が誕生する形です。選手村として使用後には、1万人以上の住民が生活をするようになります。
首都圏でも数多くのマンションは建設と販売されていますが、新たな場所としても供給される形です。そのうえ、オリンピックに向けて相場の1割以下で東京都が売却した場所ですから、販売価格も抑えられやすいです。建設会社も入居者確保に向けて、相応に抑えた価格で販売へと繋げるでしょう。

晴海周辺で生活をするにあたって

東京オリンピックの選手村として使用される晴海エリアは、最寄駅からおよそ20分の場所にあり、東京湾を眺望することが可能で景観が楽しみやすい場所です。間取りも3LDKなど家族で生活しやすい構造が多いです。BRTが整備されて、路線バスなどの交通手段に利便性が増すことで、移動もスムーズに運びやすくなります。
費用面でも相場よりも割安ですが、建物によってはさらに安い価格で販売される場合もあります。一方、たとえ相場よりも安い価格で販売されていてもマンション購入となると相応な金額が必要です。ライフスタイルの変化に伴い、ローンの支払いが苦しくなることもあります。予め信頼できる不動産会社や家族と相談した上で購入すると、後々トラブルが起きにくくなります。

選手村マンション購入で失敗をなくすために

選手村のマンション費用は抑えられるうえ、需要も多くあっても失敗を防ぐポイントはあります。
先ずは、展示会を建設会社が定期的に行っていますからそこで内見をします。広告やホームページで情報収集をしていても、実際とイメージが異なる場合も多いです。大まかなチェックリストを作り、実際に確認すると良いです。そのうえで、わからないことやサービスに関することをスタッフに質問をします。中長期的な視点で的確に答えてもらえると、アフターフォローにも信頼を置くことに繋がります。
選手村の市場価格は、オリンピック終了前後で異なる場合があります。市場性と費用性、収益性における相場を日頃から情報収集しておくと、適正価格が確認できます。資産価値が下がりにくい場所にマンションがあると、たとえ売却をする際にも負担を最小限に抑えることに繋がります。

ピックアップ記事

晴海選手村マンションの周辺環境

晴海選手村の建設物は、東京オリンピック後の目玉の一つです。近未来環境都市になるとして、マンションの販売へと繋がります。ビジョンとして、駐車場をすべて地下にすることで広々とした中庭をつくります。街のどこ...

選手村マンションのおおよそのリフォーム費用

選手村として建築された建物は、オリンピック終了後マンションでの住生活向けに各社でリフォームをされます。東京都が大手不動産デベロッパー11社と129億円で契約をしたので、一坪単価はおおよそ10分の1です...

選手村マンションにBRT導入について

選手村のある晴海から、地下鉄大江戸線の勝どき駅まで徒歩移動でおおよそ20分要します。BRTというバスを用いた専用道路で、輸送スピードを高めることに繋げていくシステムです。最寄りの停留所まで間隔が長いと...

選手村マンションで分譲で購入する場合のポイント

一住戸ごとに購入するタイプが分譲マンションです。一般的に一つの建物を不動産会社などが購入し、それを顧客に賃貸契約をしてもらうシステムです。月々の家賃契約もあれば、一戸ごとの購入でローン支払いをしてもら...