晴海選手村マンションの周辺環境

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

晴海選手村の建設物は、東京オリンピック後の目玉の一つです。近未来環境都市になるとして、マンションの販売へと繋がります。ビジョンとして、駐車場をすべて地下にすることで広々とした中庭をつくります。街のどこからでも海の見える空間にすることで、風景も楽しめる要素となります。
サービスインフラの観点からは、晴海の町イベントや災害情報を適宜電子版で伝える、タウンポータルが開発されます。晴海の選手村全体に、個別の街区だけでなく全体の監視ができる通信データを、セキュリティーセンターで管理の一元化をします。エネルギーの状況も、一人一人の成果を含めて取りまとめて配信をし、環境面での対策に繋げます。フリーWi-Fiも開設することで、通信環境が整い情報化社会の先端を行きます。

環境面にも配慮した周辺環境つくり

近未来型環境先進都市実現に繋げるため、CO2を排出しない環境つくりを、選手村マンションで行っています。都市ガスから出た水素を利用して、電気とお湯をつくる家庭用燃料電池を、マンション全てに採用される見込みです。
日常の移動手段は、BRTだけではなくマンション住民同士がシェアしながら行うことも可能です。完全無人利用で乗り降りができるカーシェアリングサービスが始まります。電気自動車や水素カーを使うことで、環境面でも配慮されます。選手村晴海でコミュニティーサイクルを用いて、マンション居住者の交通手段を増やすため自転車の利用を積極的に繋げます。居住者専用のレンタサイクルを設けることも、計画の一つです。その際電動式自転車だと、負担軽減をもたらしてくれます。

誰もが生活しやすい街つくり

選手村のある晴海エリアは、現在マンションから歩いてすぐの所に教育施設があります。今後マンションの事業が本格化することで、整備が進むとより教育の充実します。大規模マンションとなると、保育園の設置を推進するようになっています。待機児童が少なくなり、子どもがいる世帯でも負担軽減と教育が受けやすい環境をもたらしてくれます。
選手村は、パラリンピックに出場する選手も利用予定です。建物全体はもちろん鉄道や店舗などの設備もバリアフリー化を採用することで、移動の際負担軽減になります。妊婦さんにも、移動における負担を少なくしてくれます。福祉施設や医療機関の拡充など世代を超えて幅広く住みやすい環境を整えることが、地域コミュニティーの活性化に繋がります。

ピックアップ記事

晴海選手村マンションの周辺環境

晴海選手村の建設物は、東京オリンピック後の目玉の一つです。近未来環境都市になるとして、マンションの販売へと繋がります。ビジョンとして、駐車場をすべて地下にすることで広々とした中庭をつくります。街のどこ...

選手村マンションのおおよそのリフォーム費用

選手村として建築された建物は、オリンピック終了後マンションでの住生活向けに各社でリフォームをされます。東京都が大手不動産デベロッパー11社と129億円で契約をしたので、一坪単価はおおよそ10分の1です...

選手村マンションにBRT導入について

選手村のある晴海から、地下鉄大江戸線の勝どき駅まで徒歩移動でおおよそ20分要します。BRTというバスを用いた専用道路で、輸送スピードを高めることに繋げていくシステムです。最寄りの停留所まで間隔が長いと...

選手村マンションで分譲で購入する場合のポイント

一住戸ごとに購入するタイプが分譲マンションです。一般的に一つの建物を不動産会社などが購入し、それを顧客に賃貸契約をしてもらうシステムです。月々の家賃契約もあれば、一戸ごとの購入でローン支払いをしてもら...