選手村マンションにBRT導入について

選手村のある晴海から、地下鉄大江戸線の勝どき駅まで徒歩移動でおおよそ20分要します。BRTというバスを用いた専用道路で、輸送スピードを高めることに繋げていくシステムです。
最寄りの停留所まで間隔が長いと、目的地まで早く行きやすいです。電車のように、可能な範囲到着時間の正確性を高めるために、公共車両優先システムが整っていると正確性を高めることに繋がります。選手村マンションに多くの住民がいても、BRTが充実していると移動の負担軽減に繋がります。プレ運行も、オリンピック開催期間前から始まる見込みです。可能な範囲異なる時間帯でBRTを確認し、生活の利便性の良し悪しを計ることで、マンション生活のイメージを抱きやすくなります。

選手村のある晴海でBRT導入の将来性

選手村のある晴海にBRTができることで、勝どき駅までの移動負担が軽減されます。将来的には、1時間当たり5,000人程度輸送できるつくりを目指しています。そのうえ新橋まで10分で移動できるルートも計画されていて、問題なく運行されるとアクセス向上に繋がります。ビジネス以外にも、豊洲や都心のイベント参加として一つの交通手段で利用しやすくなります。マンション購入して生活する際に、交通アクセスの幅が増します。
東京のBRTには、自動走行技術と制御システムが新たに搭載される見込みです。将来性の高い技術があり、魅力的な要素をもたらします。ただし、運賃が必要となる見込みで電車などの交通手段が複数となると、交通費がかさみかねません。

BRTの魅力

選手村のBRTでは、全車両が燃料電池バスとなります。低公害車で燃料電池車の全導入にすることで、環境面の配慮に繋げます。運行時間は5時から24時で、区間便や急行便も採用される見込みです。本格運行時には、選手村のある晴海は毎時6便の見込みで、10分間隔で運行されます。
一方、プレ運行は東京オリンピック期間前に始まりますがピーク時でも500人以下の輸送力と計算されています。今後も運行本数やピーク時の対策を各社で進めていき、マンション販売が本格化したころにはさらに利便性が高まっています。BRTの本格運行は2022年ですから、それまでにはシステムも整っていることが見込まれます。地下鉄の10分の1で導入でき速度も路線バスより早いなど、コスパが高い要素はあります。選手村跡地のマンション生活にて、魅力をもたらしてくれます。

ピックアップ記事

晴海選手村マンションの周辺環境

晴海選手村の建設物は、東京オリンピック後の目玉の一つです。近未来環境都市になるとして、マンションの販売へと繋がります。ビジョンとして、駐車場をすべて地下にすることで広々とした中庭をつくります。街のどこ...

選手村マンションのおおよそのリフォーム費用

選手村として建築された建物は、オリンピック終了後マンションでの住生活向けに各社でリフォームをされます。東京都が大手不動産デベロッパー11社と129億円で契約をしたので、一坪単価はおおよそ10分の1です...

選手村マンションにBRT導入について

選手村のある晴海から、地下鉄大江戸線の勝どき駅まで徒歩移動でおおよそ20分要します。BRTというバスを用いた専用道路で、輸送スピードを高めることに繋げていくシステムです。最寄りの停留所まで間隔が長いと...

選手村マンションで分譲で購入する場合のポイント

一住戸ごとに購入するタイプが分譲マンションです。一般的に一つの建物を不動産会社などが購入し、それを顧客に賃貸契約をしてもらうシステムです。月々の家賃契約もあれば、一戸ごとの購入でローン支払いをしてもら...